相談支援事業所・地域活動支援センターⅠ型・生活サポート事業・共同生活援助・地域生活安定化支援事業

理事長挨拶
riji_photo

法人の理念にあります様に、「プシケおおた」は障害のある人(主として精神障害者)の人権を守り、安心して自分らしく暮らし、当たり前に働いてさまざまな活動に参加できる地域づくりを目指しております。
以前は「障害」が身体・知的・精神と三つに分けられていましたが、近年では明確な区分けが出来ない状態も見られ、対応が複雑になってきています。現実には、何らかの障害により日常の生活に支障をきたされている方が多くみられます。
大田区では、昭和58年に地域で暮らす精神障害者の生活支援団体である「あけぼの会」が結成され、同会が発展する形でNPO法人となり、更に平成13年9月に「社会福祉法人プシケおおた」の設立となりました。
先輩方の継続したご支援と、職員の真摯で弛まぬ活動で、地域への貢献が果たせていると自負しております。また当法人の運営には東京都・大田区から相当の援助を頂いております。
障害者への支援活動範囲の拡大や事業や活動の増大から、職員を多く配置せざるを得ません。地域からの期待もあり、法人の役割分担を減らすことは忍びなく、当面は経営的な無理をしてでも役割を全うする姿勢を貫いてきました。
この法人の活動姿勢を、支援者の皆様がご心配下さり、平成23年に「プシケおおた賛助会」を作って下さり、貴重なご援助を頂いております。プシケの代表としては誠に有り難く、また経営の責任を感じる次第です。
法人の事業や活動は、大田区での障害者支援組織として掛け替えのないものと信じております。然し現在の活動・経営状況では、遠からず苦境に追いつめられてしまうのではないかと感じております。法人の役割分担・事業を減らす方向にならぬよう、今後とも皆様のご協力も切にお願い申し上げます。
社会福祉法人プシケおおた
理事長 石井 一平

法人の理念

「一人ひとりの“ちから”を信じ、当事者の思いを実現する。」
~私たち(プシケおおた)は、関わる人・機関が持っている力とその可能性を信じ、当事者の「こうしたい、こうありたい」という思いの実現に向かって行動します。~

運営方針

職員行動指針

①当事者中心:支援の中心に当事者の“思い”を置き、その人らしい暮らしを実現する。
  ~常に当事者がどう思うか、当事者にとってどうなのかを中心に、支援する。~
②自己決定:自己決定”を原則とし、その過程に寄り添う。
  ~自分のことを自分で決めることができる様に、ともに考え、行動する。~
③権利擁護:その人の“権利”を守る。
  ~一人ひとりの権利(住みたい地域で、安心して、自分らしく暮らし続けることができる)を守る。~
④啓発  :社会とのかかわりを広げ、理解を進める。
  ~支援活動・地域活動などの関わりを通して、障害の理解を促進する。~
⑤協働  :互いの底力を信じ、協働する。
  ~当事者・関係者・地域との信頼関係、連携の輪を築き、それぞれが持てる力を発揮できるように働きかける。~
⑥創造  :必要な社会資源を創造する。
  ~支援に必要な社会資源を考え、発見し、創り出す。~
⑦研鑽  :より良い支援のため職員は学び続ける。
  ~常に環境が変化する中で、職員は日々の業務や研修などで学び、その成果を共有し続ける。~
⑧Win-Win :誰もが価値を得る
  ~当事者とともに、関係者・地域の方々・職員の幸せ、法人の健全経営を目指す。~

法人の沿革

naviurl 昭和58年6月

精神障害者支援に関心を持つ人たちが集まり、ボランティア団体「あけぼの会」を結成。作業所やグループホームなどの施設づくりと運営支援、勉強会やコンサートなどの啓蒙活動を実施します。

naviurl 平成12年6月

NPO法人プシケあけぼの会設立
活動内容を広く発展させるため、法人資格を得て組織の強化を図った。ボランティア団体「あけぼの会」は、解散する。 新規事業として、こうじや生活支援センターを運営。

naviurl 平成13年9月

社会福祉法人プシケおおた設立
社会復帰施設の充実・発展と安定した運営の必要性から、社会福祉法人化をめざした。

naviurl 平成13年10月

こうじや生活支援センター運営

naviurl 平成14年4月

かまた生活支援センター開設  
福祉ホーム蒲田開設
精神障害者ホームヘルプサービス事業の受託経営
(平成18年9月30日廃止)
(NPO法人プシケあけぼの会は、平成14年10月を以って解散)

naviurl 平成17年10月

グループホーム「メゾンしろ」の設立・運営

naviurl 平成18年4月

グループホーム「さくら草」の運営

naviurl 平成18年10月

障害者自立支援法の施行により、
1.こうじや・かまた生活支援センターの事業内容を次のとおりに移行
①障害者相談支援事業
②地域活動支援センターⅠ型
③生活サポート事業   
2.福祉ホーム蒲田がグループホーム「ホーム蒲田M&F」に移行

naviurl 平成19年2月

グループホーム「第二さくら草」の運営 

naviurl 平成20年4月

退院促進支援事業開始

naviurl 平成21年12月

グループホーム「メゾンまち」を滞在型ホームとして開設・運営開始

naviurl 平成22年4月

精神障害者地域生活安定化支援事業開始(退院促進事業から移行)

naviurl 平成23年8月

「街の駅にしかまた」開設

naviurl 平成25年5月

就労継続支援B型事業所「街の駅」開設

page_top