相談支援事業所・地域活動支援センターⅠ型・生活サポート事業・共同生活援助・地域生活安定化支援事業・就労継続支援B型事業所

事業について

 相談支援事業(指定特定相談支援事業・指定一般相談支援事業)

「地域で安心して自分らしく生活するために」
かまた生活支援センターでは区民の方からの“障害”に関するご相談をお受けしています。中でも主に精神障害者の方への相談支援を行っています。

 地域活動支援センターI型事業

かまた生活支援センターでは、開所時間中はいつでも利用ができます。それぞれの方のペースを大切にしながら、よりよい場所と関係を作っていくために、ミーティングや運営ミーティングで話し合っています。
また、「いつ来ていつ帰っても良い」居場所(オープンスペース)もあり、それぞれ自由に自分のペースで利用することができ、安心した気持ちで過ごせる場を大事にしています。

 生活サポート事業

日常に関すること、および家事に対する必要な支援を行うことで、地域での自立した生活をすすめていきます。支援内容については利用者の方との話し合いの上で、必要に応じて決めていきます。

*介護給付(ホームヘルプ)の制度ではありませんので、原則継続支援は出来ません。
*時間によって有料になります。

 地域生活安定化支援事業

大田区の補助事業として、入院していて退院に支援が必要な方や、入退院を繰り返している方の退院支援・地域生活支援を行っています。
大田区の方は遠方の病院に入院している方がほとんどのため、こちらから迎えに行く支援となります。

相談支援事業所

 相談支援

困ったことや悩んでいることを相談したいとき、また上手く言えないけれども不安な気持ちなどがあり「困った・つらい」時、お話を伺い一緒に考えて行きます。まずはお気軽にご連絡頂ければと思います。
※ 高次脳機能障がいの方の相談も受けつけています。
○来所しての面談(あらかじめご連絡下さい)
○訪問・同行
○電話相談 03-5747-1657
火:10:00~19:30
木・金:10:00~17:30
土:13:00~19:30

 計画相談支援

障害福祉サービス利用者に対して、サービス等利用計画作成を行います。ご本人の「こういうふうに暮らしたい」という希望に寄り添いながらともに考え支援していきます。
まずは、ご相談ください。

 地域相談(地域移行支援・地域定着支援)

長期にわたり入院している方への退院支援です。地域で安定して生活を送れるように支援していきます。

 専門相談

○法律相談(弁護士さんによる相談 月1回)

地域活動支援センターI型

 オープンスペース

誰かと話したい。家にいたくない。そんな時に気楽に立ち寄れる、自由に自分のペースで過ごせるスペースです。
安心してくつろげるよう、一人一人が大切にしている場です。

 プログラム活動

運営ミーティング・お茶会(お話会)・交流会・ふれあいファーム(園芸活動)・就労グループミーティング・女性のお話会・ふれあい音楽会など。
※利用者の方からの提案があれば、臨時プログラムも行ないます。ご提案お待ちしています。

 当事者活動支援

自主活動への支援を行っています。

 夕食サービス

現在、夕食サービスは未定です。
今後決まりましたらお伝えします。

 地域交流

イベントの実施や参加、ボランティアの受け入れなどを通して地域交流を行っています。

(写真:芋煮会・甘酒会)

service_photo
ご利用について

 開所時間

お休み

10:00-19:30

閉館日

10:00-17:30

10:00-17:30

13:00-19:30

お休み

 閉所日

日・月・水・祝日
水曜日は月1回予約面接を13:00~17:30の時間でお受けしています。
※変更の可能性があるので、電話にてご確認下さい。

 利用登録方法

かまた生活支援センターの利用登録方法です。

service_photo

 利用料金

利用料金一覧

相談

無料(継続的な相談の場合は登録必要)
訪問・同行を要する場合、区外は交通費実費

生活サポート

30分まで無料
30分~1時間未満500円
1時間~2時間未満1000円
以降は30分毎に500円

夕食サービス

現在、夕食サービスは未定です。
今後決まりましたらお伝えします。

シャワー

100円/回

プログラム・イベント

実費負担がかかる場合があります

登録料

500円(2年毎の更新)
登録証再発行料 100円

地域生活安定化支援事業

 はじめに

現在、精神科病院には様々な理由により、スムーズに退院することが難しい方たちが多数いらっしゃいます。こうした『社会的入院』をしている方々が、退院して地域で安心して暮らしていくために、『地域移行支援・地域定着支援』という国の支援制度が平成24年度から整備されました。
大田区においては、先んじて平成20年度より、退院することだけを目的にするのではなく、入院中からかかわりを始めることで、より”退院した後安心して暮らし続ける”ことが出来るように『大田区精神障害者地域生活安定化支援事業』の取組みを始めています。

service_photo

 本事業の目的

地域で安心して生活し続けるために・・・
①『継続して主体的に医療を利用できるように支援する』
②『困っているときにSOSを出しやすいように、普段の生活を見守り支援する』

 利用するには

まずは、入院されている病院の相談室のワーカーさん、ご自分の住所の地区担当の保健師さん(大田区内各地域庁舎 地域健康課にいます)にご相談ください。
下記事業担当者へ直接お問い合わせも出来ます。
お気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせ先

〒144-0051 大田区西蒲田4-4-1
事業専用電話:03-6411-1885
【月・火・水・木・金】10:00~17:30
*担当者は事業所不在のことが多くなっております。お手数ですが『地域生活安定化支援事業についての問い合わせ』と言って頂きご連絡先をお伝えください。折り返しご連絡させていただきます。

page_top